エクスリードと検索連動型広告(リスティング)を同時に実施した際の効果検証となります。

リスティングを実施している企業様から、

「リスティングを実施しているが、効果が出づらい」

と言ったお声をいただくことがあります。

弊社でもなぜそのような状態になるのか?と疑問に思い、商材ごとで比較してみました。

DSPや、リスティングをご検討のお客様は、ご検討の際にこちらの資料もご活用いただければ幸いです。



比較方法に関しては、
4商材を同期間、同予算で広告を実施し、それぞれの商材ごとの問い合わせの発生数にどのような違いが出たのかを検証しています。



<広告利用の商材>
製造業企業様の組み込み商材、装置、検査機器など


<4商材の条件>
A 低単価商材 汎用性のある商材、状況により追加発注が必要な商材
B 低単価商材 特定業界向けの商材
C 高単価商材 特定の状況下で利用する商材
D 中単価商材 特定の状況下で利用する商材

上記の低単価、高単価はクライアント様が販売している商材での商品単価の比較となります。



比較した結果、エクスリードで効果の出やすい商材の傾向、リスティングで効果の出やすい商材の傾向を掴むことができました。

すべてのお客様が、こちらの資料の傾向になるわけではありませんが、一事例としてご活用いただければ幸いです。



詳細資料は以下よりダウンロードしてご確認ください。